Dr.あっこの親勉∞お役立ちサロン(体験会)

Introduction

「遊ぶように学ぶ」親勉を気軽に体験してみませんか? 現役ドクターがおくる親勉∞処方箋 ~導入篇~です。

 

Contents

●すぐ実践できる、親勉のいろはの「い」をお持ち帰りいただけます♡ 
部首カルタ、算数ビンゴで遊びます。

 

Recommended for

①毎日の子どもの宿題、「漢字」と「計算」に頭をかかえている方。
②小学校の勉強・宿題に不安のある方。
③幼児期から『遊ぶように学ぶ』を取り入れたい方


Contents

「勉強をみてあげたいけど時間がない」

 「小学校で毎日でる 漢字と計算 の宿題。『宿題やりなさい』とガミガミ言う自分がイヤ」

「小学校にあがったときに、わが子が勉強についていけるか不安」

 

このようなお母さん、お父さん、(あるいはおじいちゃん、おばあちゃん)に

ぜひ取り入れてほしいのが『親勉』。

 

これは、カルタなどの遊びに学びをおりまぜて、
遊んでいるうちに知らず知らず、学んでしまう、子どもに「勉強」を感じさせない学びの方法です。

 

体験会でピックアップするのは「部首カルタ」と「計算ビンゴ」。詳細はこのページの一番下に紹介しております。

 

 

「Dr.あっこの 親勉お役立ちサロン(親勉体験会)」

 

 参加すると・・・・

 

● 遊びの中に、学びをおりこむコツがわかります。
● 帰ってすぐに、お子さんが漢字に興味をもつ実践法を学べます(幼児でも!)。
● あれだけ嫌がっていた(!?)「計算」を率先して行うわが子に出会えます♡
● 大人がきゃーきゃー言いながら親勉カルタに興じる理由がわかります(笑)
● 遊ぶように学ぶ♡ は、親とお子さんの両方を笑顔にする!ことが分かります。

 

 

内容

 ・ 親勉とは何か?
・「部首カルタ」の遊び方

 ・ 紙と鉛筆さえあればどこでもできる!「算数ビンゴ」の遊び方

 

 ※ お役立ちサロン(親勉体験会)は、親勉の導入篇になります。

少しでもはやく、しっかりとお子さんに親勉と取り入れたい方は、最初から「5教科カルタで遊びまくり!Dr.あっこの親勉初級講座」への参加をお勧めします。一部重複する内容が含まれます。

 

※対象はお母さんお父さん(おじいちゃんおばあちゃんも大歓迎)です。お子様連れウェルカム!ご夫婦参加もウェルカム! ご夫婦参加は備考欄にコメントください(参加費は1名分でOK)。

Schedule

現在、募集中は下記日程です。

 

①9月21日(金)13:10-14:20

(三島駅南口エリア)

 NEW!

 

②10月9日(火)10:30-11:40

(三島駅南口エリア)

 午前開催!

 

 

 

 

※いずれも場所の詳細は参加者にご連絡いたします。飲食可能な会場です。小さいお子様連れの方は、おやつや水分、おもちゃなどお持ちいだいて大丈夫です。


定員: 5名

 


Fee & Application

3240円 (親勉アカデミー協会規定による)

 

※ お申込み後に、お支払い方法についてご案内いたします。

※ 受講料のお支払いをもって、本受付といたします。ペイパル(クレジットカード決済)または銀行振込(振込手数料をお客様にご負担)となります。

 



【漢字の勉強と言えば】

 

学校では・・・・

1年生になると、毎日、漢字書き取りの宿題が出ます。

止め、ハネ、バランス、

一生懸命書いても、たいてい毎日赤ペンで直されます。

 

親勉では・・・・

部首かるたを使って、親子で(あるいは兄弟同士で)

何しろ楽しくあそびます。漢字そのものじゃなくて、部首に注目して遊ぶから小さいお子さんだって大丈夫。子どもにとっては部首は記号と一緒なんです。でも未就学児がどうやって遊ぶの?? それは講座で体験すれば、必ずわかります。

ひらがなも読めない園児が、外の看板やチラシをみて「ママ!サンズイみつけたよ!」って教えてくれるお子さんになるんです!!!

 

【計算問題といえば】

 

学校では・・・・

ドリルやプリントといった計算をひたすら解く。

百マス計算って言ってもねえ。楽しいのかしら?

 

親勉では・・・・

算数ビンゴで、競争💛

気づいたら、超集中して何度も何度も計算やってる!

 

紙とエンピツさえあればその場でできるんです!

 

だけど幼稚園生はできないでしょ~?いえいえ、それはやり方次第。できちゃいます。
そして講座では、ビンゴの手前、数の概念を遊びながら身に着ける方法教えています。ここは、あっこオリジナル。数学が大好きで医学部まで現役で合格。受験勉強を突っ走ったあっこおススメの遊びを伝授します。

お子さんに、学ぶ楽しさを教えてあげられるのは学校ではありません。

お子さんの一番近くにいる、お母さんお父さんです。

参加した大人がまず『楽しいっ!』て、はまる親勉。

 

親が楽しいものに、お子さんも興味を持ちます。

親がガミガミ言うものに、お子さんは興味は持ちません。

 

次は、あなたが「遊びながら学ぶ」を体験してみてください。

親勉∞体験講座でお待ちしております